EDUCATION

EDUCATIONタイトル
HOME > WORKS > EDUCATION|事業内容

ドローンを飛ばすためには、様々なルールや機体の性能把握が必要になります。指導者のもとで経験を積んでからフライトするようにしてください。

・飛行する場所は飛ばしてよい場所かを確認ください。
・国土交通省の許可があっても飛行してはいけない場所がありますので、周辺環境の確認は徹底してください。
・ドローンは飛行すると相当な高度になり、特に制御不能による落下は大きな事故につながりますので、リスク回避と保険の加入をしてください。
・手軽にドローンの購入ができるようになっていますが、フライトの相談ができる環境を整えることをお勧めします。

 
 

ドローンによる事故想定には以下のようなものがあります。

①公園でフライトをしていたドローンが近くの子どもに衝突し、大けがをさせた(例:プロペラが肌にあたりケガ、目にあたり失明など)
②上空から落下したドローンが人にあたりケガをした。死亡した。
③制御不能になったドローンが車にあたり事故を誘発した。
③飛行中のドローンが高速道路に侵入し、大規模な衝突事故を誘発した。
④飛行中のドローンが列車の線路に入り、大規模な遅延がでた。
⑤飛行中のドローンが高圧電線に引っ掛かり、大規模な停電が発生した。
⑥制御不能になったドローンが航空機に衝突し、墜落事故を誘発した。

 
 

無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について

以下の(A)~(C)の空域のように、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ、地方航空局長の許可を受ける必要があります。


 
 

無人航空機の飛行の方法

飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、以下のルールを守っていただく必要があります。

①日中(日出から日没まで)に飛行させること
②目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
③人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
④祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
⑤爆発物など危険物を輸送しないこと
⑥無人航空機から物を投下しないこと

上記のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、地方航空局長の承認を受ける必要があります。

 
 

テラ・ラボは、国土交通省のホームページに掲載される「無人航空機の講習団体」です。

以下、プログラムの詳細となります。

 
 

学科(1日)

学科

ドローン運用において知るべき法律や規制

航空法の概要について学ぶ
人口密集地区とは・人口密集地区の確認方法について学ぶ
飛行禁止となっている基本的なルールについて学ぶ
ドローンに関連する電波と電波法について学ぶ
ドローンに関連するその他の法律(道路交通法、迷惑防止条例等)について学ぶ

航空機及び無人航空機の特性

固定翼機と回転翼機の違いを理解する
航空機を制御する軸(ピッチ・ヨー・ロール)について理解する
天候による影響(風雨)について理解する
通信障害について学ぶ
機体の構成パーツについて学ぶ

安全運用マニュアル

法律を遵守したうえでの操縦者固有のルール(運用手順)について考える

修了試験

実技(1日)

実技

フライトアプリの使用方法

・アプリの操作方法、機体の操縦方法について学ぶ
・機体の設定および調整のしかたについて学ぶ

メンテナンス1(フライト前準備)

・飛行前の点検・確認
・機体のキャリブレーション

フライトトレーニング(基礎編)

・ホバリング
・前進・後退・横移動(水平飛行・対面飛行)
・深視力トレーニング
・スクエア飛行・サークル飛行
・8の字飛行
・組み合わせ飛行

メンテナンス2(フライト後確認)

・飛行後の点検・確認
・フライトレコードの記録

修了試験

・講習内容習熟度確認のための実技試験