南相馬市復興工業団地新工場設立 地鎮祭のお知らせ

〜 国内初 災害対策用長距離無人航空機本格始動へ向け 2021年10月竣工(予定) 〜
実施日時:2021年2月8日(月) 11:30~
会場:南相馬市復興工業団地内

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。​

 株式会社テラ・ラボ(本社:愛知県春日井市、代表取締役・松浦孝英、以下「当社」)は、2019年2月から、福島県イノベーション・コースト構想に基づき、県が整備した福島ロボットテストフィールドにおいて、大規模災害に備えた長距離無人航空機の製造ならびに試験研究を進めてきました。
こうした中、同年10月、東日本を中心に甚大な被害をもたらした令和元年東日本台風発生直後には、同施設がある南相馬市からの要請を受け、回転翼型無人航空機(ドローン)を活用し、山間部の土砂崩れ等の被害状況をいち早く把握、二次災害を及ぼす恐れのある危険箇所や、地形の特徴などをより明確にデータ集約し、三次元データ化して解析することで、市の災害対策本部における意思決定に重要な役割を与えることができました。​

 そして、東日本大震災から10年の節目を迎える本年、これまでの研究成果を活かし、今後も予想される自然災害発生時に、最先端技術による固定翼型長距離無人航空機を活用した災害対策情報支援ができるよう、自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金(製造・サービス業等立地支援事業)を活用して、南相馬市復興工業団地に製造、整備工場及びデータ解析試験研究施設を新設し、長距離無人航空機の機体を増産しつつ、災害対策上の課題でもある迅速かつ正確な災害情報の解析データの収集・共有の研究を強化し、2022年4月頃の実用化・事業化につなげていきます。​

 当社は、官民連携を重視し、国内初の取り組みとして、災害支援システムの重要性と必要性を訴えながら事業売上見込みを実現させ、復興支援として雇用創出や地域企業と連携を図ることで地域経済に貢献してまいります。​

 ご多忙のこととは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、下記概要で地鎮祭にご参加いただければ幸甚です。​

敬具

地鎮祭 実施 概要

日 時
2021年2月8日(月) 11:30~12:00

会 場
南相馬市復興工業団地内
株式会社テラ・ラボ新工場設置予定地

住 所
〒975-0036
福島県南相馬市原町区萓浜 南相馬市復興工業団地内

申込URL : 申込みフォームはこちら(申込締切:2月6日)

※ 申込完了後にプレスキット(メディア向け資料)のご案内をいたします。

建物外観イメージ
建物内部イメージ(管制室)

株式会社テラ・ラボとは

株式会社テラ・ラボは、2014年3月に愛知県春日井市で創業、長距離無人航空機の研究開発を行う研究開発型ベンチャーです。

 創業以来、大規模災害時における長距離無人航空機の研究開発を進めてきました。特に公共政策を専門とする代表の想いから、地域社会における防災情報リテラシーの質の向上を目指し、航空測量技術のデータ解析を活かした災害対策システムの構築を目指してきました。

 研究開発は、小型な無人航空機の運用から始め、愛知県内において実証実験を繰り返し行ってきましたが、機体の大型化とともに滑走路や格納庫等の施設が必要となりました。国内外での飛行試験場を模索していたところ、2019年に福島ロボットテストフィールドが段階的開所したため、研究開発拠点を福島県南相馬市へ移転をしました。

 創業第7期となる2020年度末での補助金等を含めた資金調達の総額は12億円超となり、今後は、開発中機体の高度化とデータ解析技術の更なる向上を目指すとともに、自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金(製造・サービス業等立地支援事業)を活用して、南相馬市復興工業団地に拠点を整備し、東日本大震災の復興支援として、被災地域における産業振興と雇用創出に貢献します。

会社概要

所在地愛知県春日井市不二ガ丘3-28
創立年月2014年3月24日
資本金3億3910万円(資本準備金を含む)
事業内容・無人航空機(固定翼、回転翼、VTOL)の設計、開発、コンサルタント業務
・無人航空機の空港施設、設備、運行管理の設計、開発、コンサルタント業務
・無人航空機の各種観測オペレーション、オペレーター養成業務
・宇宙航空教材の開発、運用、販売
・情報通信システムの企画、開発、設計、監理及びそれらのコンサルティング 等

代表取締役 松浦 孝英

株式会社テラ・ラボ 代表取締役
日本ドローン振興協会 事務局長
一般財団法人地球子ども村 評議長

1999年 モバイルITコンサルティング会社を起業し、移動体通信を活用したビジネスモデルの創出を行う。2007年より中部大学職員となり、学生支援、キャリア支援、学部マネジメントを行う。2016年からは中部大学国際GISセンターの研究員として長距離無人航空機の研究を行い、現職に至る。
公共政策を専門とし、大規模災害における長距離無人航空機(固定翼機)の社会実装を目指して、研究開発を行っている。

新設工場概要

【所在地】
福島県南相馬市原町区萱浜 南相馬市復興工業団地内

【敷地面積】
10,941.30㎡(約3,310坪)

【延床面積】
1,320.00㎡(約853坪)

【投資額】
2億7700万円
※自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金制度を活用

【操業開始】
2021年10月予定

【事業内容】
・長距離無人航空機の試作、製造、メンテナンス
・長距離無人航空機等で取得したデータの解析及び情報共有

自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金(製造・サービス等立地支援事業)とは
2011年に発生した東日本大震災の被災者の「働く場」を確保し、今後の自立・帰還を加速させるため、福島県の避難指示区域等を対象に、工場等の新増設を行う企業を支援し、雇用の創出及び産業集積を図り、住民の帰還や産業の立地を促進して、地域の商業回復を進める経済産業省・復興庁の補助事業です。

株式会社テラ・ラボの過去2年間の事業成果

採択補助金 採択事業名 総事業費 補助金交付額 補助率 進捗
令和元年度新あいち創造研究開発補助金(愛知県) HILS技術を活用した目視外飛行遠隔制御を可能とする長距離無人航空機の地上支援システムの実証実験 69,136,223円 44,751,000円 2/3 事業完了
令和元年度地域復興実用化開発等促進事業費補助金(経済産業省、福島県) 衛星通信を活用した長距離無人航空機による大規模な災害発生時における高高度広域三次元モデル生成を可能とする情報共有システムの実用化に向けて 233,770,824円 152,070,000円 2/3 事業完了
令和元年度自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金(経済産業省、福島県) 長距離無人航空機の生産拡張に伴う製造、整備工場及びデータ解析試験研究施設整備事業 277,860,000円 136,463,301円 1/2 進行中
令和2年度地域復興実用化開発等促進事業費補助金(経済産業省、福島県) 衛星通信を活用した長距離無人航空機による大規模な災害発生時における高高度広域三次元モデル生成を可能とする情報共有システムの実用化に向けて 258,047,000円 172,028,000円 2/3 進行中
令和2年度イノベーション創出支援助成金(福島イノベーション・コースト構想推進機構) 長距離無人航空機をはじめとするドローンを活用したクラウドGIS情報支援プラットフォーム運用の社会実験 5,137,050円 5,137,050円 10/10 事業完了
採択補助金①
新あいち創造研究開発補助金(愛知県)

【採択事業名】
HILS技術を活用した目視外飛行遠隔制御を可能とする長距離無人航空機の地上支援システムの実証実験

【総事業費】
69,136,223円

【補助金交付額】
44,751,000円

【補助率】
2/3
【補助率】
事業完了

採択補助金②
地域復興実用化開発等促進事業費補助金(経済産業省、福島県)

【採択事業名】
衛星通信を活用した長距離無人航空機による大規模な災害発生時における高高度広域三次元モデル生成を可能とする情報共有システムの実用化に向けて

【総事業費】
233,770,824円

【補助金交付額】
152,070,000円

【補助率】
2/3

【補助率】
事業完了

採択補助金③
令和元年度自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金(経済産業省、福島県)

【採択事業名】
長距離無人航空機の生産拡張に伴う製造、整備工場及びデータ解析試験研究施設整備事業

【総事業費】
277,860,000円

【補助金交付額】
136,463,301円

【補助率】
1/2

【補助率】
進行中

採択補助金④
令和2年度地域復興実用化開発等促進事業費補助金(経済産業省、福島県)

【採択事業名】
令和2年度地域復興実用化開発等促進事業費補助金(経済産業省、福島県)

【総事業費】
258,047,000円

【補助金交付額】
172,028,000円

【補助率】
2/3

【補助率】
進行中

採択補助金⑤
令和2年度イノベーション創出支援助成金(福島イノベーション・コースト構想推進機構)

【採択事業名】
長距離無人航空機をはじめとするドローンを活用したクラウドGIS情報支援プラットフォーム運用の社会実験

【総事業費】
5,137,050円

【補助金交付額】
5,137,050円

【補助率】
10/10

【補助率】
事業完了

過去2年間実績

【総事業費】
843,951,097円

【補助金交付額】
510,449,351円

会場ご案内図

【会場】
福島県南相馬市原町区萱浜 南相馬市復興工業団地内 株式会社テラ・ラボ新工場設置予定地

■JR常磐線「原ノ町」駅から約4km(車で約 11 分)
■南相馬市産業創造センター(南相馬市 テラ・ラボ立地協定締結式会場)から約1km(車で約 2 分)

MEDIA KIT

プレビュー画像はウェブ表示用にリサイズ・圧縮しております。フルサイズ版は下記ボタンよりダウンロードをお願い致します。

01_機体完成イメージ
02_機体完成イメージ
01_機体完成イメージ
02_機体完成イメージ

お申込みフォーム

下記フォームより事前申し込みのお手続きをお願い致します。 お申込み締め切り:2月6日(土)

必須貴社名
任意貴媒体名
必須ご担当者様名
必須電話番号 - -
必須メールアドレス
任意FAX
任意備考欄

 

<当記者発表会に関するお問い合わせ先>
株式会社テラ・ラボ 広報 担当 :井上、畑山
TEL:050-3550-1520
FAX:0568-53-4502
MAIL:media@terra-labo.jp