ロボテスEXPO 2021にテラ・ラボが出展 飛行試験を初披露しました

福島ロボットテストフィールド(RTF)全域を使用したドローン・ロボットの実演デモを伴う、大規模な実演展示会「ロボテスEXPO 2021」が3月18日・19日の2日間、RTF(福島県南相馬市)で開催されました。これは、RTF各施設の実験環境の紹介と、参加ロボット関連事業者のPR、ビジネスマッチングの創出を目的としたもので、RTFの「無人航空機エリア」を始めとする各エリアでは様々なドローン・ロボットの最新技術が披露されました。

テラ・ラボ プレゼンテーションの様子
飛行試験に向けた準備

テラ・ラボは今回、車両型地上支援システム(中継車)を利用したドローンの飛行試験を初披露しました。プレゼンテーションではまず、松浦代表からドローンの基本スペックや飛行性能、災害時における利活用について説明があった後、車両型地上支援システムの仕組みも紹介しました。

車両型地上支援システム

車両は大容量の発電を持ち、衛星通信3回線、携帯電話通信10回線確保できるほか、ドローンから得た情報を3次元データ化する解析システムを備えています。また、ドローンから取得した解析データをクラウド上にアップロードさせることで、場所を問わずシステムへのアクセスが可能となり、救助・支援のスピードアップにもつながることなどが報告されました。

テラ・ラボ松浦代表

その後、多くの報道陣や見学者が見守る中、約5分間のフライトを実演。車両型地上支援システムのドローン自動制御機能とも連動し、ドローンから送られる飛行高度、緯度経度情報がリアルタイムで確認できることも説明しました。

取材の様子
飛行試験の様子

テラ・ラボは今後、自動制御による長時間飛行試験を進めるとともに、2023年の社会実装に向け、迅速かつ正確な災害情報の解析データの収集・共有の研究を図ってまいります。