東日本大震災から10年 3.11への想いを込め動画配信します

2021年3月11日

東日本大震災の発生から10年の月日を迎えるにあたり、あらためて、犠牲になられた方々と最愛の方を失われた御遺族に対し、謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された方々、避難されている方々に、心からお見舞い申し上げます。

テラ・ラボは、2019年から福島県南相馬市で「災害×無人航空機(ドローン)」の研究開発を進めていますが、東日本大震災から10年という節目を迎えるなか、今秋、南相馬市復興工業団地内に、災害用ドローンの整備及びデータ解析・危機対策機能を持ち合わせた、世界に類を見ない新工場を新設します。

この団地は、津波による被害を受けたエリアでもあります。あたらめてこの場所に建設する意味を噛み締めながら、我々は東日本大震災の教訓を生かし、1人でも多くの命や、人々の暮らしを守るためにも、今後起こり得る災害に迅速に立ち向かい、正確な情報の発信、地域貢献に努めていく所存です。

これからもテラ・ラボは地域に寄り添い、福島、そして日本の未来を見守っていきます。被災された皆様や避難されている皆様が一日も早く平穏な生活に戻られることを心から祈念いたします。

3.11を迎えるにあたり、動画を作成しました。ご覧ください。

テラ・ラボ代表 松浦孝英