「ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2021」にテラ・ラボが出展しました

ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2021の様子(19日※イベント初日)

2021年11月19日〜20日まで福島県郡山市で開催された「ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2021」にテラ・ラボが出展しました。

本フェスタは、ロボット及び航空宇宙分野に関する製品・技術を福島に集め、ビジネスマッチングや交流の場として開催したものです。

テラ・ラボ出展ブース
TERRA Dolphin4300

テラ・ラボは、今春誕生したばかりの翼長約4mの固定翼機、「テラ・ドルフィン」を出展したほか、今月18日、南相馬市復興工業団地内に開所したばかりの長距離無人航空機の実用化・事業化新拠点 “TERRA LABO Fukushima”の内部を紹介したパネルなどを展示しました。

イベント初日から多くの来場者が当社ブースに足を止め、テラ・ラボの取りくみについて関心を寄せていました。

テラ・ラボブースの様子
テラ・ラボ社員が来場者に説明する様子

テラ・ラボは今後、1日も早い災害対応DX実現に向け、新拠点 “TERRA LABO Fukushima”での研究開発を進めてまいります。