ニュース

復興庁「新しい東北・復興創生の星」受賞報告のため春日井市役所を訪問しました

左:テラ・ラボ松浦代表 右:伊藤 太春日井市長

2022年3月14日(月)、テラ・ラボ(本社:春日井市)の松浦代表が、春日井市の伊藤 太市長のもとを訪れ、前日、行われた「新しい東北」復興・創生の星顕彰式の受賞報告をしました。

報告の様子

松浦代表は、今回受賞した背景を説明したあと、今後、テラ・ラボが取り組んでいく復興支援についても語り、「福島県浜通り地域はいまだ原子力災害の爪痕が残っており、人口減少が課題である。イノベーションを活用した産業創出、移住定住促進にも寄与していく」と伝えました。

これを受け、伊藤春日井市長は「子どもたちや故郷の未来のためにも、さらなる活躍に期待している」と述べました。

テラ・ラボは来年度、今後起こり得る南海トラフ地震に備えて、愛知県内でも実証実験(まちのデータ取得・解析)を行なってまります。