福島県南相馬市にて令和元年台風19号の被災状況をLiDAR搭載ドローンにて空撮調査を行いました。

全国各地に甚大な被害をもたらし、「令和元年東日本台風」と名付けられた台風19号は、福島県南相馬市の市内各地でも土砂崩れや河川堤防の決壊等、様々な被害を受けました。

当社では、台風通過間もなく、南相馬市長からの要請で、ドローンによる市内各地の被害状況の調査に参加し、市内大原地区の土砂崩れ現場を空撮とLiDARによるレーザー測量調査を行いました。

合わせて、当社で研究開発を進めていた広域災害情報収集クラウドシステムの提供・運用を行い、市内の被害状況の一元管理と可視化の有用性を実証しました。

LiDARによるレーザー測量調査